100回記念公演
~~現代の狂言「おばあさんと酒と役人と」 朗読劇「牛をつないだ椿の木」 映像と朗読「私はあいちゃんのランドセル」~~

view » 02372

home
top

記事 26 件
2022/03/06
2022/02/27
2022/01/30
2022/01/29
2022/01/23
2022/01/16
2022/01/09
2021/12/26
2021/12/19
2021/12/18
2021/12/17
2021/12/12
2021/12/11
2021/12/05
2021/11/28
2021/11/28
2021/11/27
2021/11/21
2021/11/21
2021/11/16
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/13
2021/11/13

管理者用

12/11(土)「椿の木」けいこ 2021/12/11

榎本光雄:海蔵の役

けいこの前に、小道具の準備の話から始まる。最低限必要としで出された品物の担当を決めていった。

また、衣装や背景の布など今回も良子さんの協力も得て、いよいよ1週間後には仮録画がある。

12/11(土)「椿の木」けいこ


けいこでは役柄の心境、この台詞を言うときはどんな気持ちだったのかを探っていく。

海蔵と母親との会話を演じながら私が驚いたことがあった。

ある老人が亡くなることで得られる自分の欲望。それを母親に知らせるシーン。

そこで、自分の中だけで喜ぶ演技と相手(母親)にかける演技が2つ存在したこと。台詞の言葉、心の中は同じなのに違った表現ができる。

面白いなと感じた。

 

今回の公演「牛をつないだ椿の木」では大きく7つの場面がありそれを細かく49のシーンに分けられている。

興味深いのは原作には存在しないシーン。ん?

実はあるシーンとの間にはいくつかマイムと呼んでいる台詞なしの場面がある。

もちろんその表現には根拠がなければならないので、それを考えるのも大変な作業だが出来上がってくると、相手とのつながりが深く見えてきてこれもまた面白い。



公演を観ていただく方々に楽しんでもらえるように頑張ります!


* P diary 1.14 *