100回記念公演
~~現代の狂言「おばあさんと酒と役人と」 朗読劇「牛をつないだ椿の木」 映像と朗読「私はあいちゃんのランドセル」~~

view » 02372

home
top

記事 26 件
2022/03/06
2022/02/27
2022/01/30
2022/01/29
2022/01/23
2022/01/16
2022/01/09
2021/12/26
2021/12/19
2021/12/18
2021/12/17
2021/12/12
2021/12/11
2021/12/05
2021/11/28
2021/11/28
2021/11/27
2021/11/21
2021/11/21
2021/11/16
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/14
2021/11/13
2021/11/13

管理者用

11/14(日)「ランドセル」個別けいこ 2021/11/14

榎本光雄 / カエル・フレコンバックの語り

個人けいこが始まった。

11/14(日)「ランドセル」個別けいこ


<カエル>
第一原発の方向を見ているという7匹の蛙は、
あの震災のあとから学校の校庭に居る。その蛙たちがあの日起きた事、
子どもたちや、そこに住む人々の情景を伝えている。

詩の中の5つの段落ごとにはそれぞれの想い、表現があるとは
佐藤さんの言葉。その表現をどのようにしたら・・・。
感嘆符のつく言葉は、次に来る文を活かすためにオーバー過ぎないように。
全体としては1つのドラマとして表現する。
いやいや、課題は多そうだ。
その方法をこれから探っていく。

<フレコンバック>
黒い袋の中の放射能で汚れた土や砂、草や 木たちの思いを言葉として言うには、
まだまだ、袋の外(他人事)でしか聞こえてこない。
袋は嫌がっている。袋の中の魂を意識する等々。
佐藤さんの言うストレートに言えば良いは何時、出来る・・。
そう、冗談で言ってた、土の中に入ってみるかー?!

菊池さんから聞いたこと、学んだこと、詩の中の言葉としては出てこない
事実や深い想いをこれからも深めていきたい。


* P diary 1.14 *