太郎通信
~龍の子太郎~
けいこ日誌

view » 10331

home
top

記事 24 件
2018/06/24
2018/06/17
2018/06/10
2018/06/10
2018/06/03
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/20
2018/05/13
2018/05/06
2018/05/03
2018/04/29
2018/04/22
2018/04/15
2018/04/08
2018/04/08
2018/04/01
2018/03/25
2018/03/18
2018/03/11
2018/03/04
2018/02/25
2018/02/18
2018/02/11

管理者用

荒谷郁男 / 爺さま、村の人5 2018/02/18
午前中は、小鍛冶先生による歌の指導でした。身体を動かしての発声練習の後、「しごと唄」「どでらんどんどんどん」「ぷいとふけ」「おむすびの唄」などを練習しました。小鍛冶先生は、その美しい声で直接歌って下さるので、何よりお手本になります。

荒谷郁男 / 爺さま、村の人5

 
昼食後は、高橋先生によるダンスの練習です。私は、爺さまの役で、爺さまは、劇の中で「どでらんどんどんどん」を踊るのかどうかはわかりませんが、懸命に練習しました。赤おに役の緒方君とペアになって踊りました。

 読みの練習の最初は、準劇団員が演じる動物たちが出る場面です。とにかく遠くまで届く大きな声を出すようにと、注文が出されました。

 私は、「龍の子太郎」の初演がデビューです。その時は、赤おに、爺さま、山の人2をやりました。だから、爺さまの役は二度目です。黒おにを退治した太郎を村に案内する場面の読みの練習の時、思い出しながら読んでいました。

 読みながら、いや、今の言い方は、違うんじゃないか、と思うところもありました。佐藤さんにも言われたけど、あの時の爺さまよりも百倍、千倍の爺さまを目指そうと思いました。


* P diary 1.14 *